マイナチュレは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】マイナチュレが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

未分類

マイナチュレ妊娠中・授乳中でも使える?

投稿日:

 

「妊娠したら髪質が変わってボリュームが減った」

「産後の抜け毛がひどくて地肌が透けて見えてる!」

 

産前・産後に薄毛・抜け毛の悩みを抱える人が多いのは、頭皮環境がホルモンバランスによって大きく左右されるからです。

 

でも、妊娠中や授乳中だからといって美しさへのこだわりは捨てたくないのが女性の心理。

きれいなママになりたい、と誰もが思っていることでしょう。

 

薄毛や抜け毛対策として育毛剤の使用が有効です。

中でも特に人気なのが女性用無添加育毛剤「マイナチュレ」。

 

でも、妊娠中や授乳中は使用できる薬に制限があり、マイナチュレは大丈夫なのか不安ですよね。

そこで、マイナチュレ育毛剤は妊娠中や授乳中でも安心して使えるのか、詳しく調べてみました。

使用前に確認してみてくださいね!

 

妊娠から産後の授乳の時期、マイナチュレは使っても安全なの?

妊娠〜出産〜授乳期は薄毛・抜け毛が最も気になる時期。

そんな時こそ育毛剤を使い、頭皮ケアをしていきたいものですよね。

 

マイナチュレ育毛剤やシャンプーは産前・産後にも安心して使えるのでしょうか?

 

答えはYES。

 

マイナチュレが圧倒的な支持を受けている大きな理由の一つが、無添加であることです。

ですから妊娠中・授乳中でも問題なく使用することができます。

 

無添加ですので副作用の心配もなく、身体に余計な負担をかけることもありません。

敏感な時期も安心して髪のケアができるのがマイナチュレなのです。

 

マイナチュレが妊娠中・授乳中に使用しても大丈夫な理由は?

では、どうしてマイナチュレは妊娠中・授乳中に使用しても大丈夫なのでしょうか。

その理由を詳しくご説明していきます。

 

①配合成分の中に胎児に影響を与えるものはない

マイナチュレの育毛有効成分は全て天然由来。

一般的に効果が高いと言われる育毛剤には、化学的に合成された医薬成分が入っていることがほとんどです。

しかしそのような成分は胎児に悪影響を及ぼす危険性があり、妊娠中や授乳中は使用を控える必要があります。

その点マイナチュレは化学的に合成された成分は一切配合されておらず、育毛有効成分は全て自然の植物などに由来しているもの。

ですから妊娠中・授乳中も安全に使えるのです。

 

②敏感肌になりがちな妊娠中・授乳中も安心な成分

妊娠中・授乳中はホルモンバランスの変化、ストレス、睡眠不足、食生活の変化など様々な要因が重なって、敏感肌になってしまう人が非常に多いものです。

これまでずっと愛用していた化粧品でかぶれてしまう・・・乾燥がひどい・・・吹き出物が出る・・・など、肌トラブルに悩まされる人も後を絶ちません。

頭皮もお肌の一部なので、今まで大丈夫だったシャンプーや育毛剤で頭皮に炎症が起きてしまうこともあるのです。

頭皮の炎症は薄毛や抜け毛をさらに助長してしまう危険が高く、絶対に避けたいもの。

 

そんなデリケートな妊娠中・授乳中も、マイナチュレなら大丈夫。

身体に負担のかかる香料や着色料などの添加物は一切不使用なので、かゆみやかぶれなどお肌の炎症を起こす危険が非常に少ないのです。

 

③産後の抜け毛に効果的!

女性の身体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が代わる代わる優位になることで一定のリズム(月経周期)を保っています。

妊娠すると2つのホルモン分泌が増し、母体と胎児の健康を守ります。

そして出産が終わると両ホルモンの分泌が一気に減少します。

この急激な変化が身体にとって大きな負担となり、産後の様々な体調トラブルの元となるのです。

産後抜け毛が多くなるのは、エストロゲンには頭皮環境を整え健康な髪の成長を促す作用が、プロゲステロンには髪の成長期を保持する作用があることが関係していると言われています。

 

マイナチュレは頭皮の健康を守る成分が豊富に含まれているので、ホルモン減少により乱れた頭皮環境を良い状態へと導き、産後の抜け毛の改善に効果を発揮してくれるのです。

 

④11種類の化学成分が無添加

マイナチュレは無添加の育毛剤。

以下11種類の化学成分は全て含まれていません。

 

1.香料

香り付けのために用いられます。

原料は様々ですが、化学的な香料はアレルギー反応を起こしてしまう人も。

 

2.着色料

食品や医薬品などに色をつけるために用いられます。

商品のイメージを左右することもあり、多くの育毛剤に使用されています。

 

3.鉱物油

石油からプラスチックなどの工業製品を作った後に残る廃油。

精製して不純物を取り除き、化粧品や育毛剤などに使用します。

肌に浸透しないので皮膚を外部刺激から守る働きをしますが、そのため毛穴が塞がれ新陳代謝が悪くなり肌トラブルの原因となることもあります。

 

4.パラベン

パラオキシ安息香酸エステル。

防腐剤として用いられます。

 

5.石油系界面活性剤

界面活性剤とは、本来は混ざらない水と油を混ぜ合わせるために使われます。

その中でも石油から作られたものは頭皮への刺激が強いとされています。

 

6.タール系色素

商品のイメージ作りのためなどの目的で色をつけるために用いられます。

石油から合成される着色料で、皮膚の炎症や色素沈着を起こす恐れがあるとされています。

 

7.合成ポリマー

石油などを原料につくられた合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースなど高分子化合物。

肌触りをよくするために用いられますが、水で洗っても簡単に落ちないため毛穴が詰まってしまう危険があります。

 

8.紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、エネルギーに変えて放出することで肌を紫外線から守る役割をします。

肌への負担が大きく肌荒れを招く危険があると言われています。

 

9.動物性原料

動物の体から抽出される成分。

プラセンタなどが例として挙げられます。

人の体に吸収されやすく、それ故に効果も高いですが副作用などのリスクも高いとされています。

 

10.酸化防止剤

製品の酸化を防ぎ、品質を保持するために用いられます。

原料によっては発がん性やアレルギーの危険が指摘されてます。

 

11.シリコン

ケイ素が化学的に合成された高分子化合物。

髪の摩擦を抑え、コーティングして肌触りを良くするので多くのシャンプーに用いられています。

シリコンそのものが毛穴を塞ぐという考えは否定されつつありますが、アレルギーを起こす場合もあり、すすぎ残しがあると頭皮の炎症につながる可能性もあります。

 

これら11種類全てが必ず悪影響を及ぼすとは言えませんが、どれも人工的に作られており安全性を保証できないのが現状です。

育毛剤は飲み薬のように直接体の中に入れるものではありませんが、頭皮を通じて体内に吸収され胎児や母乳に影響を及ぼす可能性があるため、安全性の確保された成分のものだけを使いたいですよね。

マイナチュレは頭皮に余分な成分は一切加えないという姿勢を貫き、危険性のある成分は無添加。

ですから安全性が高く、妊娠中・授乳中でも安心して使えるのです。

 

こんな人は妊娠中や産後の育毛剤としてマイナチュレをおすすめできません

このように妊娠中・授乳中も安心して使えるマイナチュレですが、「こんな人はおすすめできない」という例もご紹介しておきましょう。

 

①即効性を求める人

今すぐに抜け毛や薄毛を改善させたいと思っている人は、マイナチュレには即効性はないためおすすめできません。

マイナチュレは頭皮の環境を整え、正常なヘアサイクルを導くことで抜け毛や薄毛の改善に働きかけます。

髪はすぐには伸びないので、マイナチュレの効果を実感するには6ヶ月程度は続ける必要があります。

マイナチュレを1本使い切る(約1ヶ月)ぐらいではなかなか効果の実感までは至らないのです。

 

②マイナチュレで頭皮に刺激を感じる人

マイナチュレは安全性を重視し、肌への刺激を最小限に抑えた成分の育毛剤ですが、人によってはピリピリする、かゆくなるなど刺激を感じる場合もあります。

マイナチュレを使って少しでも異常を感じた場合は使用を中止しましょう。

 

妊娠中や授乳中にマイナチュレを使用する場合、注意べきこと

妊娠中や授乳中の女性の体はとてもデリケートな状態です。

育毛ケアも、普段とは違う体であるということを忘れずに臨まなくてはいけません。

妊娠中・授乳中にマイナチュレを使用する場合は次の点に注意しましょう。

 

①疑問や不安を感じたらフリーダイヤルで相談する

「マイナチュレは妊娠中・授乳中も問題なく使用できます」と明記されているとはいえ、妊娠中や授乳中は普段は気にならないような些細なことが気にかかったり、不安になったりするものです。

マイナチュレは、育毛剤の注文など事務的な窓口と並行して、育毛に関する相談窓口もフリーダイヤルで設けています。

フリーダイヤルでは毛髪診断士、美容師、管理栄養士などの資格を持ったスタッフが様々な相談を受けています。

購入後のサポートまでしっかりしていることが、さらなる安心感につながりますね。

 

②万が一体に異常を感じたら医師に相談する

マイナチュレは安全性にこだわった成分ではありますが、100%の人がトラブルを起こさないとは言い切れません。

妊娠中・授乳中は前述のようにホルモンバランスが大きく変化し、体調にも波があったり、トラブルを起こしやすくなったりするもの。

体質が大きく変わってしまうこともあるのです。

ですから、マイナチュレを使用中に少しでも体の異変を感じたら安易に自己判断せず、使用を中止してクリニックなどで医師に相談することが大切です。

 

妊娠中から産後、授乳中の女性、使ってはNGな育毛剤

母体や胎児への影響を考え、妊娠中や授乳中はカフェインの入った飲み物や薬の服用を控えるべきなのはご存知だと思います。

同様に育毛剤など皮膚につけるものに関しても、妊娠中・授乳中は控えるべき成分が存在します。

市販されている育毛剤全てがマイナチュレのように安全なものばかりではないのです。

妊娠中・授乳中に使用する育毛剤を選ぶ際に注意するべきポイントをまとめてみましょう。

 

(1)無添加の育毛剤を選ぶこと

添加物はほとんどが人工的につくられたものであり、摂取した際の安全性は確立されていないのが現状です。

使用基準が定められており基準以内の量なら健康被害はないとされてはいますが、妊娠中や授乳中はできるだけ摂取しないほうが良いのは明らかです。

香料・着色料・合成保存料・鉱物油・石油系界面活性剤などは、育毛剤としての効果を高める成分ではなく、保存や見た目などを良くする目的で添加されているもの。

母体と赤ちゃんの健康を第一に考えるなら一切無添加のものを選びましょう。

 

(2)植物由来、天然由来の原材料であること

育毛有効成分として、胎児に悪影響を及ぼす化学物質が含まれている場合もあります。

育毛剤を選ぶときはその原材料が植物由来、天然由来であることを確認しましょう。

 

(3)ミノキシジル・フィナステリドは禁忌!

男性用の効果の高い育毛剤・発毛剤によく含まれている成分が、ミノキシジルやフィナステリドです。

これらは胎児や赤ちゃんに重大な影響を与える可能性が高いため、妊娠中・授乳中の女性は禁忌とされています。

特にフィナステリドは、触っただけでも経皮吸収され、お腹の胎児の生殖器の発達に重大な障害を及ぼしてしまう危険があるので注意しましょう。

 

(4)成分表を確認すること

妊娠中・授乳中の女性が育毛剤を購入する際は、効果や知名度だけではなく、パッケージの裏にある「成分表」を必ず確認しましょう。

成分表は、配合されている量が多いものから順番に表記するという決まりがあります。

成分表を見ることで、育毛有効成分がどの程度配合されているのか、副作用の危険のある物質は含まれていないかを知ることができます。

つまり、効果の有無や副作用の危険性を判断できるということ。

中にはエタノール(精製水)のような添加物が表記のトップに記載されている、ということもあるかもしれません。

育毛剤に限らず、妊娠中や授乳中は商品の成分表チェックを習慣にしたいものですね。

 

まとめ

マイナチュレは妊娠中や授乳中でも安心して使えるのか、その成分から検証してきました。

マイナチュレは自然由来の有効成分配合で、余計な添加物は使用していません。

薄毛・抜け毛に悩むすべての女性が使用できるよう、安全性に徹底配慮して作られています。

 

ホルモンの関係で体質が不安定な時期、髪のことで悩まずにマタニティライフ・ママライフを送りたいもの。

マイナチュレはママたちが笑顔になるお手伝いをきっとしてくれるはずです。

是非マイナチュレの公式サイトを覗いて、その品質を確かめてみてくださいね!

 

レビュー
マイナチュレが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

薄毛に悩んでいた多くの女性から大人気となっている女性用育毛剤・マイナチュレ。 30代後半から40代の女性、頭皮ケア部門に ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 【詐欺!】マイナチュレが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.